読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山路審判について

支えあう関係の二人の恋愛は長続きすると予想される。

ほとんどの人は「自分のみが愛されている状態は好まない」とすることがしばしばある。

違う言葉を使うならば、「貰った恩は何としてでも返したくなる」ということである。

「犬好き」でかつ「犬タイプ」の人は、友人・知人から見て恋愛に関する気持ちがすごく分かりやすいそんな人です。

愛する相手ができた際、すぐに関係する人に分かられてしまうことも。

「占いじゃ、俺たちって相性が抜群だって」と話してみると効果あり。

この結果を声にして確認することで「自分たちは間違いなく相性がいい」という確信させる効果が見られることが見込むことができる。

実は現代で、良いDNAを持つ若い男性が減っている。

それに加えて若い男性の精子量はだんだんだんだん減少しているらしい。

だから良いDNAを持つ年配の男性を女性は求める。

これが年の差婚の理由。

お互いの顔を合わせる機会が増えると、女は貴方を日増しに恋人にしたくなる。
すでに実証済みの基本的な心理学理論ということです。

短くてもいい、1日1回だけは、顔をあわせて!恋をしているときは嘘を言うのはなるべくつきたくない。

状況によっては恋人を思いやるためのウソだって存在する。

悪気のない小さな嘘はこういう場合はウソをついたことで大切な人を幸福にさせることが多い。

いいなと思っているヒトと二人でいて、相手の隣の席でに座って、さりげなく相手との間に手持ちのバッグなどなどを置いたら、残念ながらそれは拒絶感の表れ。

今は心はひっかかりがあるという証明なのである。

イケメンとか男前と言われている男性は、「不真面目そうだよね」「きっとモテるんだよね」「私なんか相手してくれないよね」こんな風に思われて不人気。

普通の女の人の恋人候補から除外されてしまうことが結構あるのです。

通常女性は聞いていることよりも話すことが好き。

自分の話ばかりいつまでも喋り続ける男性はただのばか野郎。

気を遣いながら絶え間なく女の人に話しかけることが最優先。