読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バストアップについて

グループになってデートのとき、ドライバーのポジションは何があっても譲るな!必ず自分の隣に自分の彼女にしたい相手を座らせて二人きりの場所を作ってみて!あなたの財布を使ってと渡せば自分と彼女だけの共同作業がうまれることになる。

なかなか恋人ができないのは自己評価が厳格すぎる表れなのである。

自己評価の点数が高すぎると恋愛のハードルの高さを上げる結果になっている。

自分の評価が高すぎないようにしている人は、未来の恋人との間にある恋愛のハードルを下げているというわけ。

あなたが過去の恋をひきずるなら、置いている大切なものでも恋人の表情やぬくもりを思い出させるようなものは捨てるべし!できないなら売りなさい!これがルール、必ず実行。

どうしても恋愛できないのは、自己評価が厳格すぎる表れなのである。

自分の評価が高すぎると恋愛レースのハードルを上げている。

自己評価が厳しい人は恋愛までの間にあるハードルを越えやすくすることにつながっているという現実。

結婚を前提としたお付き合いのようなずっと\xA1
彼女をひきつけておきたいのなら、優しさと賢さ、忠実なだけでなく、信頼もおける女性への思いやりもある頼りがいのある父親のような人になることを目標に。

そうなれば結婚できると考える。

「占いじゃ、私たちは見たことがないほど相性抜群なんだって!」と伝えてあげて。

相性抜群ということを実際に口にすることによって「二人は間違いなくうまくいく」という信じ込ませる効果が見られることが予想することができる。

不思議と恋愛できないのは、自分自身の評価が高すぎるれっきとした証拠。

自己評価を高くしすぎていると恋愛のハードルの高さを上げている。

自己評価の点数が適切な人は、恋人までの間にあるハードルを越えることができなくしているという事実がはっきりします。

「今日のぶんは私が払うから、次回はごちそうしてね(笑)」というふうにさらっと言えば、女性に責める気持ちを受け止めさせることなく、場の雰囲気を和やかにして、また次の機会の約束にきっとこぎつけるに違いない。

近づきたい人が飲んだら、自分も飲む。
頭をポリポリかいたら、自分もポリポリかく。

\xA1
足を組みかえたら、自分もさっと足を組みかえる。

そんな好きな人そっくりに真似を続けていると気持ちを知りたい相手に親近感がわく確率が高い。

「今の時代の若者は望めば何でも手に入れることができるから〜だ」と多くの人に評される。

ところが、どんなものでも手に入るからどうだこうだ」というのはかなりの間違いだ。

ベストの彼氏あるいは夫あるいは彼女あるいは妻はめったあことでは会うことができない。



日本の全俺に捧ぐ!現在公開されているインフォトップ一覧